ダークネス・プンバ

前売り

あらすじ

「韓国の恨(ハン)を説く躍動感」
カクソリ打令(乞食歌)から由来した「プンバ」は生きるための根本的な問題と階級社会がもたらした軽蔑、虐待に対する怒りから生まれた恨の情緒を盛り込んでいる。
「ダークネス・プンバ」は現代人が感じる社会的不安を韓国の伝統素材である「プンバ」を通して、モダンダンスで再解釈した作品である。バンドサウンドと歌い手のパンソリに編曲された音楽が躍動感のある動きと調和し、強烈さを印象づけると同時に、舞台上の暗闇で感じる恐怖を振り払うためのディオニソス的な動きを通じて、恨が昇華される過程を描く。



公演の特徴

・ 2017年ロシア「チェーホフ国際演劇祭」韓国舞踊団として初の招聘作品
・ 2016年英国ロンドン「The Place」韓国作品として初の招聘作品
・ 2016年日本「踊る。秋田」韓国作品として初の招聘
・ 世界22ヵ国、総勢70公演を記録
目に見える音楽、耳に聞こえるダンス
モダンテーブルは、解釈せずに楽しめる直感的な動きを通じて、観客とコミュニケーションする舞踊団である。歌うダンサーの登場や、舞台と客席の境をなくす作品構成で、観客に共感覚的な経験と新鮮な感動を与える。大衆的な感性と韓国的な素材で、海外で先に注目されたモダンテーブルは、予測できない発想と実験的な作品で、国内の観客と評論家の関心を集めている。男性ダンサーが披露する躍動感のある動きの中に韓国的な表現が際立つダンスで、モダンテーブルならではの舞台を作り上げている。




公演情報

公演名 : ダークネス・プンバ
ジャンル : ノンバーバル
公演期間 : 2019.10.12~10.27 / 平日20:00 (月,火曜日は休演) / 週末(土,日)16:00
公演会場 : YES24ステージ2館 (ソウル特別市鍾路区大学路12ギル21)
チケット価格 : R席40,000ウォン S席30,000ウォン
年齢制限 : 7歳以上(未就学児童入場不可)
上演時間 : 約60分(途中休憩なし)
出演 : Jae Duk Kim, Jung In Lee, Tae Jun Han, Lae Hyuk Kim, Un Gi Lee, Nam Hoon Kim, Hyo Shin Kim, Han Sol Kim, Seung Eun Heo, Hyeong Min KIM, Chul Joo Huh, SeungJoon Jeong, Eui Chul Seo
制作 : モダンテーブル
字幕 : -
お問い合わせ : +82-2-3675-6718